So-net無料ブログ作成

「日本製が問題?」「船長と乗組員が何故無事?」韓国フェリー沈没に思う気質 [怒×3]

スポンサーリンク
a



だから韓国の話題書きたくないのに。

なぜこうも、人の感情を逆なでするのでしょうか、あの国は。

死者7名・行方不明者290名(4/17PM6:00時点)という、未曽有の大惨事となった、
韓国の済州島行きフェリー転覆沈没事故。

死者の冥福を祈るとともに、行方不明者の一人でも多い無事を祈ります。

ところで。
文句を言いたいのは2つ、いや3つか。

800px-War_flag_of_the_Imperial_Japanese_Army.svg.png
旭日旗。かっこいいです。暴走族が使うのもわかる気がする。
(タイトルと内容がずれちゃいました)
①事故発生当初から、転覆した船が日本製だと韓国マスコミが騒いでいること
②船長(代理らしいですが)や乗組員の多くは無事で、乗客の救助より自分が助かることを優先したと思われること
③日本の自衛隊は韓国国内に入れないこと

です。

①については、何をかいわんや、です。
船ってご存知の方も多いと思いますが、世界的にも船舶は「不動産」なんですよね。
 
つまり、ある程度の規模の船については、「半永久的に使用可能」とみなされているわけです。
メンテナンスがちゃんと出来ていて、ある程度手を入れたものを、大事に使用していけば、
半永久的に使用が可能なんです。

ですが韓国においては、 機械というものは本当に「消耗品」です。
その場限りのことしか考えないので、強度を保つことより整備の手間を省くことを考える。
整備する金をどうケチるかを考える

その結果、寒国のイージス艦は今まともに動けるのがありません。

また、自国で開発した駆逐艦(だったかな、うろ覚え)は、自動追尾装置が搭載されているが、砲の角度が悪いため、そのまま発射すると完備の自軍ヘリを撃墜(飛んでませんが)してしまうらしい。

こんな国に嫁に行った日本製船舶なんて、いずれこんな展開になってもやはりおかしくないとおもいます。
乗客の皆さんには本当にお気の毒だとは思うんですが。

おそらく、浸水を防ぐ隔壁なども、積載能力引き上げのために外されていたんではないでしょうか。

②船長(船長代理?)・乗組員は多くが無事
これは、「職業倫理の不足」の一言につきます。
まあ、韓国だから、というわけではないかもしれません。いつぞやのイタリアの豪華客船横転の際にも同じような話がありましたので。
しかも館内放送では、「安全だから船内にとどまるように」と流されていたとか。

こんな事故を起こした当事者として、自分だけ無事でもしょうがないことぐらい、小学生でもわかりそうなものですが。

③日本の自衛隊は韓国領内に入れない
ご存知の方も多いと思いますが、韓国では旧日本軍が使用していた「旭日旗」は法律で掲揚が禁止されております。(検討段階かも知れません、未確認)

一方で、日本の自衛隊は、日本の領海を出た瞬間から、日本の自衛隊であることを示すために、自衛隊旗を掲げる必要があります(これは国際法上決められている義務だったと認識しています)。
日本の自衛隊の旗=旭日旗です。

自衛隊は領海を離れたら、自衛隊旗を掲げなければならないのに、韓国国内に入ると逮捕されてしまう。
したがって日本の自衛隊は、韓国の領海内に入ることが出来ません。

まあ、海上保安庁ならいけるんでしょうけど。

この話って、いずれどこかで大問題になるだろうな、と思っていましたが、早速こんな展開に。

これで「旭日旗問題」の本質に、韓国側が気付いてくれればいいんですが。
(事故の内容に対していささか不謹慎かもしれませんが)


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

まさる

そうです、自衛隊は難しいでしょう。法的もそうですが 日の丸を着けた軍服姿を、韓国人は 嫌がるでしょうね。                          この事故 今後の韓国政府が どう対処し終わらせるか、注目したいです。

一人でも生きている事を 祈ります。
by まさる (2014-04-21 21:14) 

のねずみケン

コメントありがとうございます。
韓国政府の対応は、こちらが想像していた以上に最悪のものでした。
韓国という国柄を見事に象徴してしまっていると思います。

もはや全員の遺体の収容と、原因の徹底究明以外ありません。
by のねずみケン (2014-04-25 00:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。